メールアドレスを記入して購読すれば、更新をいち早くメールで受信できます。

116人の購読者に加わりましょう

Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…⑥(終)

こんばんは、稲川ももじです。
元職場の霊感強めの先輩である
Yさんの恐怖体験のお話…。

 

こちらの続きです。

⇒Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…①

⇒Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…②

⇒Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…③

⇒Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…④

⇒Y先輩が部屋の片隅で見たものとは…⑤

 





 

 

*
*
*
*
*
*

 

 

妹さんが突然部屋に
入ってきた理由は

目覚ましがずっと
鳴り止まなくて
うるさかったから

…だそうです。

でもY先輩いわく
目覚ましの音なんて
聞こえていないし
そもそも夜中の12時に
セットするはずもなく…。

Yさんがあの世の者(?)に
連れて行かれそうになる前に
誰かが妹さんを呼び寄せて
助けてくれたとしか
考えられないですよね…。

もしあのまま恐怖で
「嫌だ」という意思を
示せていなかったら…
何も答えないままでいたら…
と考えると
ゾッとしますよね。

その後
あの白いお婆さんが
現れることは
なかったそうです。

 

以上でYさんの心霊体験
「部屋の片隅で見たものとは」
のシリーズが終わります。

更新頻度が遅い中
最後までお読みくださって
ありがとうございます。

この話はYさんシリーズの中で
最も怖い話だったので
その後はジャブ程度の話を
小出ししていこうと思います。

ではまたお楽しみに~!