メールアドレスを記入して購読すれば、更新をいち早くメールで受信できます。

130人の購読者に加わりましょう

関ヶ原の恐怖体験②

お待たせしました!
更新が遅くてすみません。(;_;)

こちらの記事の続きです。
⇒関ヶ原の恐怖体験①

 





 

関ヶ原の跡地とは知らずに
その土地にテントを張ったカズリー。

夜…どこからともなく聞こえてくる
不可解な足音の正体とは一体……

 

 

もう奴(霊?)もどんだけ恐怖をかきたてながら
追い詰めてくんのっつー話ですよね。

夜の山の中で
一人キャンプをしたことがないので
カズリーのこの時の恐怖は
想像でしか分からないんですけど…

そもそも山の中で
一人ぼっちという時点で
私にはとても無理ですわ…。

カズリーは旅を通して
一人テントも野宿も慣れっこなので
この時もいつものように
テントを張っただけなのだと思います。

それがまさか
こんなことになるとは…。

 

⇒③に続く。

次回、最終話なのですが
意外な展開となります。笑
(なる早で更新できるよう頑張ります…!)