メールアドレスを記入して購読すれば、更新をいち早くメールで受信できます。

215人の購読者に加わりましょう

ダイエット145日目(食べ物と運動と持病の慢性蕁麻疹の密接な関係とは)

こんにちは、ネコおやじです!
ああ~~っ…寒いっ…
寒すぎるわぁぁぁぁ…!
って時に昨日お義母さんから
手編みの靴下カバーが届いて
足元めちゃあったか…
(*´ω`)ホク…

 

⇒1ヵ月のビフォーアフター
⇒ダイエットを始めた理由
⇒私のダイエット
⇒ダイエットスープの具(コメント参照
オススメ!梅酢ダイエット!
オススメ!緑茶コーヒー!
⇒生理中の運動について(コメント参照
⇒ダイエット中の砂糖につい
⇒ヘルシーな鶏ハムのレシ
⇒間食用の味付玉子のレシ
⇒コメントについてのお願い
リバウンドしない理由
⇒4ヵ月で-10キロのトレ―ニングまとめ

 

ダイエット145日目
今日の体重

今朝から生理!!!!
通りで数日前から
爆発的に体重増えると思ったわ……
最近眠くて爆食いしたのも
かなりイライラしてたのも
それだわ……納得。(´・ω・`)

というわけで生理の気配に
全く気付きませんでした。

 

身長・155㎝
MAX体重・66キロ
現在の体重・57.8キロ

 

前日比・+0.6キロ
MAX比・-8.2キロ
目標体重:今年中に55キロ台
(できたら55キロジャスト)

 

<朝ごはん>
・水で薄めた梅酢(早朝)
・水
・バナナとヨーグルト

 

<昼ごはん>

・緑茶コーヒー1杯(食前)
・水
・9種の野菜スープ
・味付玉子1個
・うにトマトクリームパスタ
(パスタ60g)

子供用に2人前分作って
そこから自分のを取った。

 

<夜ごはん>
・緑茶コーヒー(食前)
・水
・野菜スープ
・野菜たっぷりあんかけ天津飯
(もち麦ごはん80g)
・寝る前にラクビ1粒

 

<間食>
・おからクッキー2枚
・手作りカボチャクッキー6枚

食べ過ぎました。
いくらヘルシーに
作ったとしても
食えば当然太ります。
( ;∀;)

 

 

<隙間トレーニング>
・ブルガリアンスクワット
(左右20回ずつ)
・かかとの上げ下げ30回

ブルガリアンスクワットって
最近初めてやったんですけど
けっこうきつい!(゚Д゚;)

 

 

<夕方のトレーニング>
ごりごりリンパマッサージのみ

 

ああ~~…、今までなんともなかったのに生理がきた途端ジワジワと下腹部の痛みが…。(;´Д`)
これが毎月一週間も出血し続けるんだから女ってほんま大変。辛たん……。
今日はちょいちょい隙間トレしつつ、ストレッチメインで過ごそうと思います。(´・ω・`)

 

さてさて、ダイエットを始める前から、食べ物を買う時は一応カロリー表示をチェックするタイプの人間ではありました。
まぁカロリーを知ったところで、買うのを躊躇するわけでもやめるわけでもなく

「ほう…このぐらいあるのか」

と、知るためだけの作業でしたが。

それがダイエットを始めてからは真面目にカロリーを気にするようになり、ダイエットを通して健康面や栄養面のことも調べるようになった今では、カロリー以外の栄養表示や原材料も細かく見るようになりました。
カロリーが低くても脂質や炭水化物が多いな…とか、カロリーは低いけどタンパク質も少ないな…とか。
原材料に関しては、うわこれ美味しそうだけど、体に悪そうなもんばっか使ってる!…とか、思うようになりました。
(とくにお菓子)

そうすると買うものが必然的に体にあまり害がなさそうなものへとシフトしていきました。
と言っても、全てを体に良いものにするとお金がかかるし、添加物を完全に防ぐことは私には無理なので、自分でできる範囲の自己満程度のことですが。(^^;)
たまには体に悪そうなお菓子やジャンクフードやカップラーメンも食べますしね。(´・ω・`)
でもそうしてきたおかげか、私の慢性蕁麻疹は徐々に改善されていきました。

蕁麻疹は元々原因を特定するのが難しく、私の蕁麻疹もいろんなパッチテストを行いましたが原因が特定できませんでした。
何か決まった食べ物を食べたら蕁麻疹が出やすい、ということもなく、色々食べ過ぎた日は蕁麻疹が出やすい、ということぐらいしか分かっていなかったので、食材ではなく自分の体に合わない添加物が影響していたのかな~と思っています。(´・ω・`)

なので自分が食べるものは、味付をシンプル且つ薄味にしたことと、定期的な運動で免疫力が高まったことによって改善されていったのだと感じています。(*´ω`)

毎日1錠ずつ欠かせなかった薬が、今では4~5日飲まなくても平気になりました。
薬を飲んでいても常に肌のどこかに表れていた赤い斑点(痒くはない)も、今では綺麗すっかりなくなりました。
夜中に突然、頭を掻きむしるほどの痒みに襲われることもなくなりました。
薬を飲む頻度が減ったことによって、皮膚科に行く回数も労力も費用も激減しました。
あのひどい痒みはほんっと辛かったし、夏に肌を露出するのも嫌だった。

もし今、慢性蕁麻疹でずっと悩まれている方がいらっしゃいましたら、食べるものを色々試行錯誤変えてみるのも手だと思います。(*´ω`)
食事改善・薄味・お菓子やカップ麺を減らす…など。
当時の私は、炭水化物大好き・ジャンクフード大好き・こってり濃い味大好き・お菓子やカップ麺大好きで、バリバリ食ってましたから。笑
ストイックに考えなくても、私程度の食事改善で充分変えられると思います!笑
ついでに健康的なダイエットにも繋がる。(`・ω・´)q

ちなみに蕁麻疹の話をすると、「妊娠中の薬はどうしてましたか?」と聞かれることがあるのですが、私の場合は妊娠した途端、蕁麻疹が一切出なくなったので薬を飲まずに過ごせました。
よく妊娠すると体質が変わると聞きますが、まさにそれです。
なので何の参考にもなりません…。(´ω`;)
妊娠しても運よく体質の変化が起きなければ、お医者さんに相談して薬の種類や飲む量を決めていくしかないです。
出産後もしばらくはその体質が続いてくれたのですが、やはり徐々に蕁麻疹が復活してきました。
授乳のこともあったので、お医者さんに確認しながら薬を処方してもらってました。(;´Д`)

食べ物と体が訴える不調って、とても密接な関係の気がします。
私がまだ若く太っていなかった頃も、蕁麻疹の薬は手放せませんでした。
今のように食事の質に気を遣うことなく、食べたいものを食べていたからだと思います。
(その頃太っていなかったのは、若さと単に食べる量を抑えていただけです)

というわけで、少しでも自分と同じように蕁麻疹に苦しむ方の参考になれば幸いと思い、今日は自分が感じてきたことを書かせていただきました。m(__)m

最後までお読みいただきありがとうございました。
ではではまた明日~(*´ω`*)ノシ